讃岐塗 冷めてもご飯がおいしい 亀甲ノミ彫 飯器(おひつ) 21cm 杓子付(3~4人用) |  小林漆陶

1/5

讃岐塗 冷めてもご飯がおいしい 亀甲ノミ彫 飯器(おひつ) 21cm 杓子付(3~4人用)

¥22,000 tax included

SOLD OUT

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

讃岐塗から、木製の飯器のご紹介です。

この品は栃(とち)の木をくり抜いて作った素地に天然のうるしを摺り込み、

幾度も塗り重ねて仕上げたものです。

くり抜きの為、曲げものや、張り合わせのものと違い抜群の耐久性があります。

昔から先人たちが使ってきた飯器は、ご飯を炊いた後にご飯茶碗に移すまで

一時的にご飯を入れておく器です。

そこには、実はご飯を美味しく頂ける秘密があります。

現代ではご飯を炊いた後、炊飯器に入れたまま保温にしたりしています。

そうするとご飯がカリカリになってしまったり逆に水分が出過ぎて

べちゃべちゃになったりと折角のご飯の味が台無しになってしまいます。

しかし木製の飯器は水分の調整をしてくれます。

水分が多すぎれば、木が余分な水分を吸収し逆に乾燥し過ぎれば、

木から水分を放出して中のご飯の水分量の調整をしてくれます。

ですから、常にご飯を最適な水分量に保つことが出来、

結果としてご飯が美味しく頂けるわけです。

また、うるしが塗られているので、天然の抗菌作用があり

中のご飯を新鮮に保つ事が出来ます。

雑菌の繁殖を防ぐので、ご飯は常に美味しい状 態に保たれることになります。

「冷めても、ご飯がおいしい」と感じるのは 決して気のせいではなく、

科学的に証明される理由があるんです。

先人たちが、それを知っていたかどうかは分かりませんが

炊飯器も電子レンジも冷蔵庫もなかった時代に

より美味しくご飯を頂くすべを知っていたということになります。

水分調整機能と、抗菌作用を併せ持つ器は、先人たちが残してくれた

貴重な宝物であると言えます。

内側は洗いやすく、ご飯をよそい易いよう、平面的にきれいに

仕上げられていますが、外側は木製の温かみを出すために

ノミ彫りの後を残して亀甲彫りになっています。

一ノミ、一ノミ、職人さんに彫られていて、想像よりはるかに手間と労力、

技術が注ぎ込まれていることが分かります。

今述べたあらゆるものが、凝縮されたこの飯器は本当にお勧めの一品です。

約3~4人分用の容量があります。

自然の木を手作りしているため、木目や色など個体差があることご了承下さいませ。




木製(くりぬき)  すりうるし塗り

胴径 21cm  高さ(蓋付)11cm 







Add to Like via app
  • Reviews

    (22)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥22,000 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品