薩摩焼 陶正山 作 菊花絵 抹茶碗 |  小林漆陶

1/5

薩摩焼 陶正山 作 菊花絵 抹茶碗

¥115,500 tax included

SOLD OUT

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

薩摩焼は、文禄・慶長の役で朝鮮に出兵した薩摩藩主島津義弘が帰陣の際、同道

した朝鮮の陶工たちに、領内数か所に窯を築いて陶器を焼かせたことから始まり

ました。

初期は高麗陶の要素が強く反映しましたが、後に藩主の庇護のもと、白色陶土

に雅な色絵金彩を施した白薩摩焼は幕府への献上品や、藩主の御用窯として発展

し今日に至っています。

象牙色の肌に細かい貫入(ひび)の入った白薩摩は、江戸末期になると京焼の影

響を受けながらも優雅繊細な独自の錦手となり、自藩で産出する金をふんだんに

用いた金襴手上絵が主流になり現在に至っています。

陶正山窯は、橋本正蔵が昭和4年創立し白薩摩を主に「一にも、二にも、素地作

り」。

白薩摩の生命である陶肌の温かみと、上品な地肌の完成と美しい造形、妙味ある

錦条と彩色の表現を目指し、作陶に精進しています。

この抹茶碗は正に、白薩摩の金襴手で、上品な薩摩焼独特の陶肌に、菊の花が細

かく繊細に描かれています。

豪華さだけではなく、気品が漂う一品です。



径 12㎝  高さ 7㎝

Add to Like via app
  • Reviews

    (26)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥115,500 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品