信楽焼 四代 高橋楽斉 作 水屋瓶

信楽焼から、四代 高橋楽斉 作の水屋瓶のご紹介です。

信楽焼の歴史は古く天平14年、聖武天皇の紫香楽宮ご造営の折り

初めて窯が築かれたといわれています。

宮廷の瓦作りから信楽の焼物は始まり、雑器 壺類 すり鉢などが

焼かれていたと思われます。

素地は粗い長石を噛み、溶けて白いブツブツがあるのが特徴です。

赤くこげたり 灰がかかったり 自然釉が流下した様子は

信楽焼独特のもので、ざっくりとした土味や、粗い土、石がむき出しに

なっている様や侘びた雰囲気は、茶人に好まれるようになります。

武野紹鷗や千利休は信楽焼の工人に茶陶を作らせています。

高橋楽斉の素朴な味わいと簡素な美があって、静寂を重んじる

茶道の世界に欠くことが出来ないものとなっています。

高橋楽斉の芸術は日本の古典美の世界で、現代の茶道の中に生き続けています。

この水屋瓶は、水屋に置いて茶道で使う水を溜めて置くものです。

特に釜に入れる水は、一晩寝かせてから使った方が、

より美味しくなると言われています。

また、無釉薬の瓶に入れておくと、土が粗く通気性がいいため、

腐りにくくなるとのことです。

時代劇などで、瓶から水を飲むところを見ると思いますが

その瓶を小さくしたものです。

全体に赤茶の色をしており、白い石がむき出しで、全体に石の粒が

無数に見られ。信楽焼そのものです。

ろくろ目が残されていて、焼き締められています。

内側は白っぽく、形は壺型をしています。

水屋瓶をお客様の前には出ませんが、たびたび変えるものではなく

一つを永く使っていくものなので、であればいいものが欲しいという方には

ぴったりの道具です。



口径 22.5㎝  高さ 24㎝ 

¥ 91,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック または 佐川急便

    配送先や商品の大きさなどにより、最適な運送便を利用します。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,300円
    • 東北

      • 青森県 900円
      • 岩手県 900円
      • 宮城県 900円
      • 秋田県 900円
      • 山形県 900円
      • 福島県 900円
    • 関東

      • 茨城県 800円
      • 栃木県 800円
      • 群馬県 800円
      • 埼玉県 800円
      • 千葉県 800円
      • 東京都 800円
      • 神奈川県 800円
      • 山梨県 800円
    • 信越

      • 新潟県 800円
      • 長野県 800円
    • 北陸

      • 富山県 800円
      • 石川県 800円
      • 福井県 800円
    • 東海

      • 岐阜県 600円
      • 静岡県 600円
      • 愛知県 600円
      • 三重県 600円
    • 近畿

      • 滋賀県 800円
      • 京都府 800円
      • 大阪府 800円
      • 兵庫県 800円
      • 奈良県 800円
      • 和歌山県 800円
    • 中国

      • 鳥取県 850円
      • 島根県 850円
      • 岡山県 850円
      • 広島県 850円
      • 山口県 850円
    • 四国

      • 徳島県 850円
      • 香川県 850円
      • 愛媛県 850円
      • 高知県 850円
    • 九州

      • 福岡県 900円
      • 佐賀県 900円
      • 長崎県 900円
      • 熊本県 900円
      • 大分県 900円
      • 宮崎県 900円
      • 鹿児島県 900円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,500円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価