美濃焼 弥七田織部 食籠(じきろう) |  小林漆陶

1/6

美濃焼 弥七田織部 食籠(じきろう)

¥13,200 tax included

the last one

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

美濃焼から弥七田織部の食籠(じきろう)のご紹介です。

食籠(じきろう)とは、茶道でお菓子などを入れて

客に出す蓋付きの菓子器のことを言います。

主に、表千家で見ることが多く、蓋が付いていることで

蓋を開けた時の感動や喜びなどを感じることができます。

また、短い間ですが、ホコリや乾燥を防ぐことが出来ます。

弥七田織部とは、岐阜県の可児にあった、江戸時代初期の古窯である

弥七田窯で焼かれた、織部の焼物のことを言いますが

織部釉の掛け方や絵筆の運びに大きな特徴があります。

普通の織部の器とは異なり、薄手の白っぽい器体に織部の釉薬を

あっさりと掛け、文様を描いていく作風のものが多くなっています。

この食籠は当時の弥七田織部の作風を写して、現代に作られた器です。

あっさりとした、弥七田織部は織部の釉薬は

点か線で描かれていることが多く、他の絵柄も

描かれていることが多くなっています。

この食籠も織部の釉薬は線のみであっさりと表現されており

鉄釉で唐草や線が描かれています。

白地の部分が多く、織部の濃い色彩がないので、どなたにも受け入れて頂ける

デザインとなっています。

蓋の表面は黒文字が置きやすいよう、平らになっており、その部分には

鉄釉で色が単色なので、分かりませんが紅葉か楓の形の絵が

シルエットのように描かれています。



径 21.5㎝   高さ 10㎝

Add to Like via app
  • Reviews

    (22)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥13,200 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品