五十二代 明珍宗理 作 火箸 砂鉄 |  小林漆陶

1/5

五十二代 明珍宗理 作 火箸 砂鉄

¥22,000 tax included

SOLD OUT

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

第五十二代  明珍宗理 作の火箸のご紹介です。

明珍家は、室町時代から続く甲冑師で「日本一の甲冑師」と評されました。

12世紀半ば、近衛天皇に鎧(よろい)と轡(くつわ)と献上すると

「光明白にして玉のごとく類まれなる珍器なり」と称賛されて

「明珍」の名を賜ったとされています。

大政奉還後、甲冑の製作を止め、茶席用の火箸を作り始め、

今日に至っています。

この火箸は砂鉄を使って作られています。

砂鉄とは、岩石中に存在する磁鉄鋼が、岩石の崩壊によって流されて

河床または海底に堆積して生じたもので、多量のチタンを含んでいます。

日本刀など玉鋼(たまはがね)の製作には欠かせない材料となっています。

砂鉄は錆びないと言われますが、正確に言うと砂鉄は既に黒錆びになっており

これ以上錆がすすまない安定した状態となっています。

色は黒褐色の落ち着いた色で、シンプルなものとなっています。

持ち手付近に、「五十二代」と「明珍宗理作」とそれぞれ一本ずつに

刻印がなされていて、消えることはありません。

また火箸の先は細かいくぼみがいくつか作られていて、滑り止めの役割を

果たしていて、使いやすく工夫されています。


長さ 28㎝  幅 1㎝

砂鉄



Add to Like via app
  • Reviews

    (22)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥22,000 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品