大徳寺塔頭 弧蓬庵(こほうあん)小堀亮敬 氏 花押 竹 蓋置 一双(新品) |  小林漆陶

1/7

大徳寺塔頭 弧蓬庵(こほうあん)小堀亮敬 氏 花押 竹 蓋置 一双(新品)

¥28,600 tax included

the last one

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

京都の大徳寺塔頭である弧蓬庵(こほうあん)の住職 小堀亮敬 氏の花押が

書かれた蓋置一双のご紹介です。

弧蓬庵は、慶長17年(1612年)に、黒田長政が創建した臨済宗の寺院で

小堀遠州が江月宗玩を開祖としてい庵を建立しました。

寛永5年(1793年)火災により焼失しましたが、小堀遠州を崇敬した、松江藩主

松平不昧が古図に基づき再建しました。

現住職は19世の小堀亮敬 氏で現在に至っています。

竹の蓋置は引切(ひききり)とも言われ、武野紹鷗が面桶(めんつう)の建水

(曲げ建水)と共に水屋で使っていたのを、千利休が表の道具として使い始めたと

言われています。

後に利休の子、少庵が上節、道安が中節を好んだことから、節の位置で炉と風炉の

区別が出来たととも言われています。

炉用(11月から4月)の蓋置は、中節で大きな炉釜の蓋を置くので、径も大きくなっています。

風炉用(5月から10月)の蓋置は、上節で風炉釜は小さいので、径が小さくなっています。

「一双」とは、その2種類の蓋置が対になっているということです。

それぞれに、小堀亮敬 氏の花押が朱色で書かれています。


炉用蓋置  径 5.3㎝  高さ 5.2㎝

風炉用蓋置 径 4.7㎝ 高さ 5.2㎝

竹製

Add to Like via app
  • Reviews

    (22)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥28,600 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品