萩焼 陶炎 作 井戸 抹茶碗 |  小林漆陶

1/7

萩焼 陶炎 作 井戸 抹茶碗

¥17,600 tax included

the last one

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

萩焼から服部陶炎 作の井戸型の抹茶碗のご紹介です。

井戸茶碗は元々、朝鮮茶碗の一種で李朝の比較的早い時期に

作られたものと見られ、室町時代以後しきりに渡来した朝鮮茶碗の中でも

第一等の位に置かれ、唐物茶碗の王者とされています。

井戸茶碗の共通の特徴として、土は鉄分の強い荒目のもので赤褐色をしています。

この荒目の土を速いろくろで挽いているため、表面にあばら状のろくろ目が

目立つことが多くなっています。

高台は竹の節高台といわれ、釉薬をかける時に茶碗をつかみやすくする

利便性として生じたものと言われています。

これは削り出し高台で、高台内をさらえるヘラが斜めに入るため

高台内の中央が渦を巻いたように高まるのが特徴です。

釉掛けは茶碗の内外はもちろん、高台の内側までずぶ掛けにする

総釉掛けのため、高台の土を直接見れる部分がほとんどありません。

井戸茶碗の約束の一つになっています。

茶碗の内側は「御本」(器の肌に現れる点々とした赤みのある斑紋)が

よく出ています。

全体はあっさりとした薄めの色合いで、赤みを帯びていたり、茶色がかっていたり

高台の付近は灰色に窯変しています。

全体に細かな貫入やピンホールなどが見られ、萩焼の特徴がよく出ています。

大井戸茶碗よりも少し小ぶりなので、薄茶としても使えるサイズです。

色が白っぽい部分が多く、明るい印象があります。

使い込んで頂き、「萩の七変化」を楽しみながら永く使える逸品です。


口径 13.5㎝  高さ 8㎝

Add to Like via app
  • Reviews

    (22)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥17,600 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品