江戸切子 ペア タンブラー 赤・青 |  小林漆陶

1/8

江戸切子 ペア タンブラー 赤・青

¥22,000 tax included

the last one

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

伝統工芸の江戸切子からペアのタンブラーグラスのご紹介です。

江戸切子とは、江戸時代後期に江戸日本橋のビードロ屋、加賀屋久兵衛が

手がけた切子細工が今日の江戸切子の始まりと言われています。

町民文化の中で育まれた江戸切子は、江戸時代のおもかげを色濃く残し

優れた意匠や技法の数々は、現代に至る180有余年も間の

切子職人たちによって受け継がれてきました。

赤と青の色被せグラスのペアは贈り物にも最適です。

グラスの下3分の2の部分は、びっしりと切子になっており

その上3分の1はカットされておらず、色被せガラス本来の色を

楽しんで頂いたり、飲み口になる部分は切子が入れてありません。

実際に適度な重さがあるので重量感があり、高級感もあります。

切子グラスの中では最も容量があり、お茶やビール、牛乳、ジュース、

アイスコーヒーなど、たっぷりと飲み物を入れたい場合に最適です。

夏は氷を入れる場合が多いので、その分だけ容量の多いグラスが必要とされます。

ほとんどの飲み物に使うことが出来、汎用性が高いグラスです。

クリスタルガラスを使っているため、普通の色きせガラスの切子とは

輝きが全然違って、見ているだけでうっとりする程の美しさがあります。

また、指ではじくとクリスタルガラス特有の甲高い金属音がします。

ガラスの器ですが、いまや一年中使う、必須のアイテムとなっています。

お仕事の後の至福の時間を、この切子グラスで演出して頂けます。


径 6.5㎝  高さ 12㎝  容量 250cc

Add to Like via app
  • Reviews

    (22)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥22,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品