結界(けっかい)焼桐 煎茶用(小型) |  小林漆陶

1/8

結界(けっかい)焼桐 煎茶用(小型)

¥30,800 tax included

the last one

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

一片の木をくり抜いて作られた、煎茶用結界のご紹介です。

結界とは本来は仏教用語で、仏道修行のために僧尼の衣食住地に

境界や制限を設けることをいいます。

寺院の内陣と外陣の間や、僧俗の座席の境に設けた木柵をもいいます。

茶道や煎茶では風炉先屏風などの代用品として道具畳と客畳とを

仕切るのに用います。

座障とも座頂とも言います。

客との仕切りを設けることで、こちらを客と区別し、客を敬う気持ちから

作られたと考えられます。

この結界は、なるべく自然のままの木目を生かして作られており、「虫食い」といって

虫が食ったような自然にあいた穴や窪みや凹みなども、そのまま生かしてあるので

より自然の木に近い状態を残してある関係で、若干の擦れたような跡や

傷のような跡も付いておりますこと何卒ご理解下さいませ。

見えない壁を作り出すことで、空間を演出する日本独特の道具です。

煎茶以外でも、ちょっと仕切りを付けたい、結界を置くと落ち着くなど

普段の生活の中にも取り入れることができる調度品です。


全長 68㎝  幅 9.5㎝  高さ 19.5㎝

桐製(木製)

Add to Like via app
  • Reviews

    (22)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥30,800 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品