大樋焼 大樋年郎 作 つくね香合 (10代大樋長左衛門) |  小林漆陶

1/6

大樋焼 大樋年郎 作 つくね香合 (10代大樋長左衛門)

¥33,000 tax included

the last one

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

大樋焼から、大樋年郎 作のつくね香合のご紹介です。

香合とは、主に茶道で使う香を入れておく器で

棚や床の間に飾ったりして、鑑賞の対象となります。

炉用は練香を入れるので陶磁器製になります。

風炉用は香木を入れるので、漆器となります。

大樋焼とは加賀金沢大樋で作られる楽焼のことです。

寛文6年 加賀藩主 前田綱紀は裏千家4代 仙叟宗室と

楽焼工土師長左衛門を招いて、貞享3年土器窯を金沢の大樋町に築いて

抹茶器を作らせて、長左衛門は仙叟宗室の考案で、様々な楽焼を作りました。

この時、長左衛門は地名の大樋を姓としました。

明治の廃藩置県で一時休業しましたが、奈良理吉が8代長左衛門を名乗って

業統を次いで現在に至ります。

大樋年郎は、10代大樋長左衛門襲名の前の若き日の名前です。

大樋焼特有の飴釉が使われていますが、織部釉に近い、渋くて濃い色が

出ています。

作品名の「つくね」とは形などを表わしているわけではなく

「つくねる」という意味で「手でこねて丸くして、こね上げて作る」

ことから、この名前が付いているようです。

この香合は複雑な形をしていますが、外側全体に布目が付いており

麻布などの粗めの布で、布目の跡を付けて模様とデザインとしています。

重厚感のある落ち着いた香合です。


径 約7㎝  高さ 3.5㎝






Add to Like via app
  • Reviews

    (22)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥33,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品