1/9

信楽焼 佐平窯 隆和 作 抹茶碗 花橘写し

¥15,400 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

This item can be shipped outside of Japan.

信楽の名物茶碗である、「花橘」を写して作られた

抹茶碗のご紹介です。

もとは小堀遠州所持で「昔をば花橘のなかりせば何につけてか

思ひいでまし」と書き付けています。

小堀遠州所持以後の伝来は不詳ですが、明治に入って

赤星弥之助が所持上野与吉を経て、藤田家に入ったようです。

本歌は薄作りで筆洗形、外部はろくろ目が細かくめぐり、

高台は四角で三方切割り、青釉のなだれが3筋あり、

見事な釉溜まりとなっています。

内側のビードロ釉は厚く、光沢があります。

本歌をできる限り再現しておりますが、若干の差異は

あると思われます。

400年以上前に、こうした珍しい茶碗が考案されて作られ、

実際に使われ現代に伝わっていることは素晴らしいことです。

珍しい茶碗を見ながら、小堀遠州の気持ちになって

お茶を頂いたり話題に出して会話をすることも

一興ではないでしょうか。


幅 14.5㎝  奥行 11㎝  高さ 7㎝

Add to Like via app
  • Reviews

    (40)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥15,400 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品
        CATEGORY